インプラントは歯根部がチタン製であることが多い

金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。
しかし、留意すべき点もあるのです。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。
普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
こちらもどうぞ⇒人気の歯磨き粉で白い歯になる様に、歯を磨きます