接続構造

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技を置いて語れません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。
まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。
詳しく調べたい方はこちら⇒歯の汚れがひどいと歯が真黒い