人工歯づくり

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
PR:研磨剤が入っていない